□ 「ふたごじてんしゃ」で街乗りレンタサイクル

日本初、「ふたごじてんしゃ」で街乗りレンタル(時間貸し)やってみよう!

 

ようやく、ようやく、ようやくーー!

子ども乗せ自転車(ふたごじてんしゃ)をつかった、街シェアサイクルの社会実験がスタートできそうです!

今回なぜ、わたしたちが子ども乗せ自転車の街シェアをしたかったかとういうと・・・

 

子連れで観光地へ行ったとき、ずらずらと並ぶ自転車をみて羨ましくおもったことってないでしょうか?

あれって、健康な大人が一人で走る自転車ばかり。

荷物を抱え、子どもの手をひきながら観光地に降り立ったファミリー層へ愛の手を! が私のスタート(笑)

せっかく、観光に来たのに。せっかく、街ブラとショッピングを楽しもうとルンルンで来たのに。

子どもに歩くのが嫌だとか、抱っこだとかいわれ、荷物も多くてヘトヘト。

だから、どうしても観光地やショッピング街で街シェアサイクルをしてあげたかったの。

 

そして、このたびその候補地にぴったりなところがありました!

なんと平成最後に開城される「尼崎城」のある阪神尼崎駅周辺です。

こちらの尼崎城開城に合わせ、遊びにきてくれたファミリー層が尼崎をたっぷり楽しんでもらえるよう、

街シェアサイクルを整え、ゆったりと3時間は尼崎で滞在し楽しめる時間になってくれたらいいなぁと考えています!

 

めざすは春からの本格運用。

そのために今回は運用試験を実施し、本当に観光地に子ども乗せ自転車(ふたごじてんしゃ)が必要なのかどうかを調査していきます!

必要なアイテムだとわかったら、本格始動にうつりますね! 

その後は、全国の観光地へ広げていきたーい(^_-)-☆

 

運用試験期間中は、代表理事中原か専務理事大野が現場に常駐いたします。

今回は対面(有人)での実施とし、利用された方からフィードバックもいただきながら、みんなで街シェアを創りあげたいとおもいます!

街シェアの運用試験だけど、街中を走ることができる試乗会みたい♡

試乗しながら、食べ歩きも楽しんでみてね! 街を楽しめるマップもご用意しております~

 

【お知らせ】

街シェアサイクルは運用試験のため、おひとりの予約につき貸出は2時間までとなっています。

有償でのレンタルとなっています。料金は500円/回です。

当日現金でお支払いください。

 

 

街シェア@阪神尼崎 12月運用試験の流れ

1.運用試験を実施する日時

12月2日 (日) 12月3日 (月) 12月6日 (木) 12月7日 (金)
12月9日 (日) 12月10日 (月) 12月11日 (火) 12月12日 (水)

 

 ・ いずれの日程も、11時から15時までの実施時間です。

 ・ 街シェア利用には利用料が発生します。(1予約2時間以内 一律500円)

2.申込方法

 ・ 事前申込制です。

 ・ AirRESERVEというサービスを利用します。 →  申込みフォームはコチラ

 ・ 申込開始は、11月25日 12時からを予定しています。

 

3.大事なお願いが3つあります

 ・ 利用を希望される方は、まず「利用申込書 兼 誓約書」を必ずお読みください。利用当日にサインしていただきます。

ふたごじてんしゃ® 街シェアサイクル利用申込み 兼 誓約書

 

 ・ 利用される前に、ふたごじてんしゃの取説動画をご視聴ください。利用当日に操作方法等の確認をさせていただきます。(取説動画のリンクはこちらをクリックください)

 

 ・ 利用後に、アンケートのご協力をよろしくお願いします。

 

こんな場所を走ってもらいます(予定です)

 

2018年12月の試験運用の目的は、子ども乗せ自転車を普段乗りなれていない人でも、安心・安全に使ってもらえる仕組みづくりをどうするかという点です。そのため、より実生活に近い場所で乗っていただかないと意味がありません。ただし、万が一ということも考えられるため、すぐに駆け付けられるよう阪神尼崎駅周辺に利用範囲を限定的にしています。

将来的に、シェアリングサービスのラインナップに加わえるためには、すでに見えている課題やまだ見えていない課題を乗り越えていかなければなりませんが、一歩いっぽ進めていきたいと考えています。

商業施設内で、あたりまえのようにベビーカーの貸し出しがあるように。今度は、駅から商業施設や公的機関までを移動する選択肢に、あたりまえのように『子ども乗せ自転車』がある社会になればいいなと願い、2018年12月に第一弾の試験運用を開始します。

 

運用試験を支えてくれる「阪神ステーションネット」さん

 

観光地で街シェアをスタートさせて、遊びに来てくれた子連れファミリー層がすこしでも楽になってほしい。

そんな願いはあるものの、私たちでは簡単にシステムが創れない。

「あぁ、いい街だったね。楽しかったね。」となってもらうにはどうしたらいいんだろう。

そんなことを数年前から考えていました。

 

今回、株式会社阪神ステーションネットさんが「面白いじゃないですか!まずはチャレンジしてみましょう!」とご賛同いただき、運用試験が実現します。

また、ご協力いただいたOpenStreet株式会社さんにも感謝です!

「やってみようよ」背中を押していただき実現する「ふたごじてんしゃ」をつかった街シェアの社会実験。

いろんなハードルがありましたが、まずは「乗ってもらえる」ところまで来ることができました。

初めてのことですが、「あのママと子どもたち、なんだか楽しそうね」が街中に広がり

みなさんの笑顔を引き出せるよう、スタートさせます!

 

 

 

ややこしくたって、一歩ずつ進めていくために

 

NPO法人つなげるの活動は、すべてを寄付でまかなっております。

「こんなのがあったらいいな」をカタチしていくため、営利企業ではむずかしいことであっても

まずはチャレンジしていこうとおもっています。

こんなことがしたかったと思ってくれる人はもちろん、企業さんや行政さんにも相談へいき、同じ方向をみてくださる方たちと一緒に進んでいきたいとおもっています。

そして、わたしたちは認定NPO法人を目指しています。

3000円の寄付者が100人、2年つづけて達成できれば、はれて認定NPO法人申請の手続きに進むことができます。

みなさんからの応援がないかぎり、この活動をつづけていくことができません。

ご理解いただき、「がんばれ!」と言っていただける方は、以下のリンクから「ポチッ」とお願いいたします!

 

 

□ 「ふたごじてんしゃ」で街乗りレンタサイクル” に対して1件のコメントがあります。

  1. ピンバック: | NPO法人つなげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です