■ 交通安全はみんなで考えないと!

自転車の交通安全教育が不足していると思いますか?
2~6歳の幼児でも、理解すべき交通ルールは何だと思いますか?

いきなり、質問ではじまりましたが、1月19日(2019年)に、ぼくたちが企画しようとしている子ども向けの交通安全教室に関して、話をさせていただく機会がありました。そこでのアンケート項目としてこのふたつの質問をしました。アンケート回答の大多数は、「教育が不足している」「ヘルメットの着用はしてほしい」というものでした。

当日は、参加者のみなさんにこのような質問も投げかけました
・自転車で危ない/怖い経験をしましたか(見たことがありますか)?

参加者自身や家族が自転車事故にあったというお話もあり、その経験によって後ろから自転車が来るのがとても怖いとおっしゃっている方もいました。また、高齢の方が自転車に乗るのも危険が多いので、高齢者向けにも交通安全教室がないのかと危惧されている方もいました。

今回の参加者は、子育て世帯ではない方ばかりで、いつもとは違う視点でご意見を聞くことができ、とても有意義な時間となりました。ご参加いただいた方、ほんとうにありがとうございました。

2018年は交通安全に関して問題意識を持っておられる方の話をたくさん聞かせていただき、ぼくのなかでは当たり前の知識となったことは、まだまだ一般の方には浸透していないことがよくわかりました。

子ども向けの交通安全教室を企画・開催すると同時に、大人向けにも交通安全への意識を向けてもらう機会も設けることで、相乗効果でぼくたちの回りから交通事故が減っていけばいいなと強く感じました。

2019年1月20日
専務理事 大野祐一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です