応援してもらいやすい団体へ

▫︎たくさんのリアクション

当初思っていたよりもリアクションが多くてとてもびっくりしているというのが、正直な感想。NPO法人つなげるで実施している『物資購入寄付』と『物資申込』だ。2020年5月1日時点で、29件の寄付と申込があった。
< https://tsunagerunpo.com/kinkyu-tsunageru/ >

 

▫︎ シンプルな仕組み

仕組みとしてはとてもシンプル。①Amazon欲しいものリストを全公開する、②寄付者が物資を選択&支払(送り先をNPO法人つなげるに)、③NPO法人つなげるで物資受取、④申込フォームに新規物資の在庫登録、⑤追加連絡をHPSNSでシェア、⑥希望者がフォームに申込、⑦NPO法人つなげるが発送作業、⑧希望者が受取(着払のため希望者が送料負担)という流れだ。

寄付者と支援者がダイレクトにひもづく。ただし、だれからの寄付なのか・だれの支援ができたのかは、わからない。臓器提供・移植に似たようなスキームなのかもしれない。

 

▫︎ 応援してもらいやすさ

これまで、NPO法人としての寄付をどう募るのか、どんな動機で寄付をするのか、自分の中でも疑問がありながら、活動を続けてきた。この答えはすごく当たり前なのかもしれないけれど、「自分の支援が、だれのどんな困りごとに届くのかがクリアになっていれば、支援しやすい」ということだ。今回で言うと、子育てにおいてこれがあったら、ママの体力が温存できるだとか、こどもが喜べるだとか、支援者にとってとてもわかりやすい支援・寄付の形になっている。だからこそ、支援していただける方がたくさんいるのだと思う。

 

ご支援ありがとうございます。
送り届けた方からもたくさんの「ありがとう」をいただいています。