【プレゼント企画】双子妊娠がわかったときによむ本 @工藤啓・彰子

祝・出版記念!

男の子4人の工藤家が、ふたご妊娠がわかったその瞬間から、年少さんになったふたごちゃんの今までのことを、いろんなシーンにわけて書き留めてくれています。

工藤家の育児日誌というよりも、「こんな時にこんなつまづきがあったよ」とか、「このときは言葉にできなかったけれど、今おもえばこういうことを伝えたかったんだな」と、大変なときはなかなか伝えきれないモロモロのタイヘーンをちょっと笑えるシーンも交えながら言語化してくれています。

だから、これからふたごちゃんを迎えるプレママパパは、この本から「人に説明して理解を得て、協力を仰ぎやすいキーワード」がちりばめられているのでヒントにしてみてね。

ふたご育児はとにかく人手を必要とします。でも、このときに「何が必要なのか」をきちんと説明できなければならない風潮がまだまだあります。まっ説明責任はこちらにあるんだろうけれど、そもそもわたしはそれが苦手だったしね(笑)

ということで、なにが大変かちょっと説明するのって大変ってなりそうだなぁというママは、ぜひパパやご家族に伝えたい言葉がここにあるのでぜひ手に取ってみて欲しいとおもいます!

 

工藤ご夫妻から、献本2冊+つなげるから1冊 合計3冊を抽選でプレゼント!

 

【プレゼント企画】

■つなげるホームページTOPにある、専用申込フォームからお申込みください。

■申込受付期間 5/16~5/20

 

 

 

∞無限ループ∞ にはまる。

 

∞マークってさ、双子がひっついたみたいにみえない?

だから無限ループになっても仕方ないのかもしれないね(笑)

「無限ループ」ってキーワードがほんっとよくでてきて、あるある!っうなずいて読んでいるけれど、あの頃は笑えなかったよなぁ・・・

 

 

 

プレママさんへ伝えたいポイントはココ!

 

・出産準備はどうすればいいの?-「産後の世話はどのくらい必要?」と母に聞かれてもわからない。
⇒計画を立てたくても立てられない事情がちゃんとかかれていて、「立てられないからこそ」のポイントがよくわかりましたよ

 

・双子の名前、どうつける?
⇒うちの双子は小4です。そうそう!そうなのよ!と今更ながらおもってることいっぱい

 

 

購入はAmazonからも可能です!
(販売がスタートしたらあらためてご案内します!)
↓↓↓