神大ゼミ<あったかプロジェクト>あらたなスタート

昨年、神大ゼミのみなさんとつくった「あったかプロジェクト」

双子ママが暮らす街で、声をかけあえる手伝えあえる空間をつくるにはどうしたらいいだろう?と一緒に考えてきたプロジェクトでした。

ですが、コロナがひろがり三密を避け、距離を保たなければならない状況となり、一年間考えつくしたプロジェクトはストップしてしまいました。

神大のみなさんは、子どもがいるわけでもなく、さらにいうと双子だって見た事もないのに、一生懸命かかわってくれたのにとてももったいなく感じていました。

「この状況下だからこそ、これまで考えてきたプロジェクトをより良いものにするにはどうしたらいいのだろうか」そう考える日が増えましたが、答えはまだみつかりません。

 

今回、彼女が心境をブログに綴ってくれました。

沢山インタビューをしてきたから、いま双子ママ達がおかれている状況はもっと過酷になっているんじゃないかと想像しながら気に留めてくれていたこと、そして彼女自身も苦悩していたことがわかるブログです。

彼女の言葉から、決して同じ立場や境遇の人(ピア)だけでなくても、その人たちの話に寄り添い、共感し、自分なら何ができるだろうかと考えられる人があつまれば、いま抱えるいきづらさなどの状況を変えていけるんじゃないかと思える出来事でした。

だれもが、これまでとは違ったかたちで何か支援できないかと考えています。
あたらしいなにかを創れるよう、考え行動していきます。

 

【あったか空間プロジェクト 7/11 @オンラインミーティング】

 

 

 

コメントを残す