NPO法人つなげる

Introduceご紹介

【ピアサポ紹介】他人だから話せることがある あさみさん

2021.01.03

わたしの多胎育児経験を振り返って

双子妊娠が発覚した日から、何がわからないかもわからないくらいわからないことだらけ。
予定していた里帰り出産もできずに出産まで2ヶ月半に及ぶ入院。
産後も子どもたちはNICU-GCUに入院したり、子どもの退院後は誰も頼れずワンオペ育児。

最初のうちは、「とにかく子どもたちを生かす、大きくする」、そんなことに必死で楽しいとかかわいいとかつらいとか、そんな自分の感情すらわからないくらいでした。

育児にも少し慣れてきたころにお友達に誘われて行ったこども館では、ほかのママたちがママ同士おしゃべりしている中、私は双子の相手で余裕がなく、なじむこともできず、その後しばらく行けませんでした。

その後もトイトレ、イヤイヤなどぶち当たる壁はさまざまありましたが、「心配かけてはいけない」「迷惑かけてはいけない」そう思って、夫にも親にも外部の人にも、誰にも実際の支援の面でも、精神的な面でも頼ることができませんでした。

子どもの虐待のニュースが流れるたびに、自分もいつそちら側の身になるか、自分も紙一重のところにいると思っていました。

唯一、双子サークルは気持ちがわかり合えて心の支えになっていたと思いますが、どの過程においても、きちんとしなければという親としての責任感と、その裏腹の不安やなんとも言えない恐怖、孤独と戦っていたように今となっては思います。

 

 

ピアサポになりたいと思ったきっかけ

双子が年少のとき、とあることから児童相談所に虐待通報されたことがあります。

これまで一生懸命やってきたことをすべて否定されたような気がしてすごくショックでしたが、夫にも誰にも話すことができずとても苦しい日々を過ごしました。
少しして、思い切って市の育児相談で初めて双子育児について相談し、虐待通報されたことも話しました。

そのとき「今まで一人で頑張ってきたんですね。大丈夫。
子どもたち見れば虐待してないことも、お母さんがすごく頑張ってきたのもわかるよ。」と、話を聞いてくれた保健師さんに言ってもらい、すごく心が救われました。

身内だからこそなかなか話しにくいことも、他人だから話せるということがある。
そしてそれを受け入れてもらえることで心が軽くなる。

きっと私がこれまで一人で抱え込んできたものを、同じように一人で抱え込んでいる人がいるんじゃないか。
私がその保健師さんに心救われたように、私もそういう人たちの気持ちを軽くしてあげられる存在になりたい。

そう思っていた時にピアサポという存在を教えてもらいました。
そこにはまさに私が思っていたことが書かれていて、「これだ!」と思いピアサポになりたいと思いました。

 

 

双子育児「こうなったら嬉しいな」と思い描いていること

 

とにかく多胎児育児は一人で抱え込むものではないと思います。
子どもはみんなで育てるもの。

一人で抱え込んでいる人がいたら何も言わず手を差し出すのが当たり前の世の中になってほしい。
「助けてほしい」ということをためらわず言える世の中になってほしい。

双子を妊娠したことを後悔するのではなく、「双子を妊娠したからこんなにいいことがあったよ!」
と笑顔で話せる環境が整ったらいいなぁと思っています。

 

 

実際の活動や、こんな活動がしたいな、と思っていること

 

私が経験したこと、感情を少しでも発信することで、今、同じような状況にある人たちの心を軽くできたらいいなぁと思っています。

そして、不安や孤独を感じているママやパパたちの心に寄り添い、一緒に親として成長していきたいと思っています。

 

 

———————

あさみさんの印象

 

どんな話題に対しても、ゆっくりと待ってくれるあさみさん。急いで結論をだすのでなく、話しを聴いてくれます。

きっと、いろんな体験をされてきたんだろうなと感じていましたが、あさみさん自身も「頼れなかった時代」に寄り添ってもらった経験があったからなんですね。

あさみさんに出会うママ達に、聴いてもらえる体験をしてもらえたらなっておもっています。

 

———————

 

イベント参加は公式LINEへ

 

2020年9月から新たにスタートした「おしゃべりのへや」

つなげるピアサポーターさんが、さまざまなおしゃべりの時間を提供してくれます!

これまでは、ふたごのへやのみなさんしかリンクの提供はされていませんでしたが、新システムではつなげる公式LINE(ふたごのまち)へ双子三つ子ちゃんの母子手帳の写真を送っていただけた方へ、イベントが一覧になったカレンダーのリンクをお送りいたします!

お申込みは、カレンダーリンクから♪

また、いますぐイベント参加にされなくても、何か気になるなって方は、お守り代わりにつなげる公式LINE(ふたごのまち)の登録を済ませておいてね。

 

友だち追加

<参加方法>

①LINE友達追加をする
②メニューをタップ
③「おしゃべりのへや」「イベント、セミナー」を選択
④あなたのお名前と、ふたごちゃんみつごちゃんの母子手帳の写真をとってLINEする

 

あなたも「つなげるピアサポーター」になりませんか?

 

 

新型コロナで自粛生活がはじまったころ、すぐにスタートさせたオンライン「おしゃべりのへや」。

最初はホットラインの役割を担っていましたが、生活も落ち着いてきておしゃべりのへやの役割もかわってきました。

いまでは、つなげるピアサポーターさんが双子ママにとってあったらいいなのサービスを、自由な発想でどんどん立ち上げてくれるのでとても嬉しいです。

 

つなげるピアサーターとして仲間になりませんか?

ステップは2つ。

①つなげるピアサポ講座を受講

②入会説明会&講座(ピアサポ会員年会費 5千円)

 

お申込みはこちらから↓↓↓

 

より深く自分のお話しが出来る場所「ふたごのいえ」

 

ふたごのへやでのトークは、流れてしまいます。

だから、聞きたいことを書きこんでも、どんどん流れてしまったりしてしまいます。

もっとゆったりと、そして、いつでも見返したい。

お気に入りのピアサポさんから、コメントをもらいたい。

これらが叶うのが「ふたごのいえ」です。

 

ふたごのいえの特徴

ふたごのいえに入会するには、多胎家庭の確認しています。だから、参加者はみんなが多胎家庭。安心して関わっていくことができます。

また、本名ではなくプロフィール名でやりとりができるので、FBやLINEグループとは違い、本音で相談することができるのでプライバシーも守ることが可能です。

スレッドも流れないので、自分の悩みが流れず、つなげるピアサポさんや参加者のみなさんからコメントをしっかりもらうことができます。

赤ちゃんが産まれたら、本当にいそがしくて検索したりする時間ってとれなくなります。

ひとりで焦ることなく、トークを追いかけ検索する必要ない「ふたごのいえ」へぜひいらしてね。

登録解除はいつでも可能です。3ヶ月たったら解約しても大丈夫ですからね!

申込はこちら(リンクを開き、入会申込をタップしてね)
↓↓↓

 

 

 

ふたごママへ プレママ期~産後3ヶ月まで

ふたごのいえ 無料でご参加いただけます。

 

 

わたしたちの団体には、ピアサポーターさんがいます。彼女たちが、一緒に進めてくれます。

 

 

 

あなたの応援まってます!

 

銀行振込での寄付

 

※りそな銀行 もしくは ジャパンネット銀行にお振込みお願いします。
(お振込手数料は、ご負担よろしくお願いします)

※領収書が必要な方は、必ず下記フォームに必要事項の入力をお願いします。
(領収書が不要な方も、下記フォームに入力いただけましたら、毎年末には活動報告書をお送りさせていただきます)

[銀行振込-寄付]専用フォーム

 

クレジットカードでの寄付

※Syncable(シンカブル)というプラットフォームを利用しております。

※VISA もしくは MasterCard のクレジットカードのみ対応しております。

※寄付金額は、ボタン もしくは 入力可能箇所にて金額を設定ください。

※会員登録によるログインはしなくても、寄付は可能です。

[カード決済-寄付]専用URL