事業概要 活動計画 協力依頼 イベント

事業概要

“幼児期のこどもを乗せた自転車” が行きかう光景が当たり前の社会になってきたけれど、そんな移動手段にもまだまだ問題がたくさんあります。

 

この文章の上にあるイラスト、こんな光景にはなかなか出会うことができません。
①自転車が歩道の車道側をちゃんと走っている、
②自転車が無理に歩行者を追い越さずに徐行しながら走っている、
③歩行者が自転車を怖がることなく歩くことができている、
④自転車に同乗しているこどもがヘルメットをかぶっている。

そして何よりも、こどもの周りに笑顔がたくさんあります。

こどもとのお出かけが、移動中も笑顔であり続けるように!そんな光景を見守る社会(まわりの人)も、笑顔になれるように!
“幼児期のこどもを乗せた自転車”が、いろんな人を笑顔をつくることができるように、こどもとのお出かけをみんなが見守る、そんな社会を当たり前にするため、この事業を進めていきます。

『こどもの”イマ”と”ミライ”を守る交通安全教室』

自転車の移動で、あぶない!というシーンを、体験したり・見かけたことがあると思います。

自転車に乗っているとき、歩行者のとき、車に乗っているとき、ベビーカーを押しているとき、車いすに乗っているとき、同じ道を使っていても、移動手段はいろんなパターンがあります。「自転車が危ないな」「早く歩いてくれないかな」「車よりこっちが優先でしょ」って、同じ道を使っていても、移動手段によって思うことがたくさんあります。

だからこそ、じぶん以外の通行するいろんな人(車・バイク・自転車・歩行者など)を意識せずに、安心/安全に移動することは、簡単ではありません。

道路には事故が発生する可能性がたくさんあります。その危険度が高い、車やバイクなどは、交通安全を学ぶ機会が強制されます。自転車も同じように学ぶ機会をもたないと、こどもとじぶん自身が何よりも危ないです。いちばん気にかけてほしいことは、将来じぶんのこどもがひとりで自転車に乗ったときです。
 
「お母さんの後ろに乗っていたとき、この道をよく横切ってた」
「交差点でも減速したり一時停止せずに、そのままのスピードで曲がっていた」
こんな記憶が体に身についていたらどうでしょうか。

もちろん、保育園/幼稚園/小学校でも、交通安全教室はあります。ただ、いちばん身近な存在である家族がそれを体現しなければ意味がありません。
 
「自転車はこのルールを守らなければいけない」「自転車はここを通らないといけない」ということをルールのひとつひとつを紹介するだけではなく、「なぜそのルールを守るのか」「そうすることでどう安心/安全になるのか」こどもとじぶん自身の身を守るために、どうすればいいのか、そのことを住環境やそれぞれの個人に合わせた、交通安全教室を開催します。

こどもに素晴らしい後ろ姿を見せながら、自転車に乗る人が、この社会で当たり前になるように、わたしたちは交通ルールとマナーの啓蒙活動をしていきます。

社会で当たり前になるように、わたしたちは交通ルールとマナーの啓蒙活動をしていきます。