NPO法人つなげる

Newsニュース

【災害・被災のことで話せるへや】

 

2019年から開設した『ふたごのへや』は、2800名を越えました。2024年1月から新たにサブトークルームを開設しました。きっかけになったのは、年明けに発生した能登地震です。

被災された多胎ママパパ向けに情報を届けたり、困りごとを吐露できる場所として、まず『多胎チャンネル』という別のオープンチャットを活用しました。あくまでも暫定的な対応としてです。その中で、『ふたごのへや』での投稿頻度が少なくなったことが気がかりでした。

もしかすると年末年始でゆっくりされていたことも起因しているのかもしれませんが、「北陸地方で被災された多胎家庭はより大変な状況下にいるのだから、被災をしていない自分が相談するなんてとんでもない」と、日常の育児や暮らしでの不安を胸の奥底へ飲み込んでしまい、投稿を控えてしまっているような方もいらっしゃるのではないかと考えました。

被災に関するテーマ、日常の育児や暮らしに関するテーマを、同じ「ふたごのへや」で投稿してもらうよりも、オープンチャットのいち機能であるサブトークルームを活用して、切り分けることとしました。

物理的に被災された方も、被災地の状況をみて精神的に不安を感じた方も、被災の度合いを問わず、災害・被災で感じたことを吐露できる場所として、サブトークルーム『災害・被災のことで話せるへや』をご活用ください。

また、育児のこと・暮らしのことなど日常に関するテーマは、これまで通り『ふたごのへや』メインルームをご利用ください。

このようにルームを切り分けることで、ご利用されるみなさんの心の平穏を維持できればと思います。

※サブトークルームをご利用になる場合は、まずはメインルームである『ふたごのへや』に参加する必要がございます。一度、退出された方も再度ご参加可能です。

オープンチャット「ふたごのへや」
https://line.me/ti/g2/JVPaB8zqXm7Fh2SMQHWiIpzBw_p8nuymm1OAuQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default