Newsニュース

ついに完成!NPO法人つなげるの『セオリー・オブ・チェンジ』

2020年春から足掛け1年半(ToC作成1年、デザイン化半年)をかけ、当法人では経営の骨子となる考え方を表すセオリー・オブ・チェンジ(以降、ToC)を作成しました。このToCでは、現代の日本社会において、多胎育児にはどのような問題があり、当法人がどのように多胎家庭に寄り添うことで問題を解決し、より良い社会を実現しようとしているのか、を分かりやすくまとめています。

 

 

【解説】NPO法人つなげるのセオリー・オブ・チェンジ(ToC)について

ToCとは、社会課題の解決を目指す団体の経営の骨子を示すものです。ToCは、1990年代以降にアメリカで開発された方法論で、欧米等の多くのNPOで作成され、自分たちの団体の説明や、社会資源の獲得に用いられています。

ここに描いたNPO法人つなげるのToCは、主役である多胎ママ、ならびに社会の様々な関係者の方々とともに、NPO法人つなげるがどのような「成果」(矢印でつながる黄色とオレンジのボックス) を目指してどのような「取り組み」 ( 画像中央の楕円オブジェクト) を行うのか、を表現しています。なお、このToCにおける「多胎ママ」は、性別を問わず、日々多胎育児に追われるママ・パパなどの方々を意味しています。

ToCでは、一番下にある現状 (「システミック・プロブレム」:社会が抱える根源的な問題) から、一番上の未来 (理想的な状態) に向けて、成果、介入、前提が因果関係の形で図示されています。「長期成果」とは団体が説明責任を負う未来の成果です。その上の「究極成果」は、団体の説明責任の外にはありますが、様々の関係者の方々と究極的に作り上げたい、目標とする社会の姿が描かれています。未来の望ましい成果を達成するため、下に向けて逆算を重ねていくと、現在に行き着きます。

NPO法人つなげるは、その活動を通じ、いつの間にか孤立し、無力感に襲われ、厳しい状態におかれてしまった多胎ママが、他のママとつながり、支援者とつながり、社会とつながることによって、自立した育児ができるようになること、そしてそうしたママが今度は自ら新しい多胎ママを支援するような循環する社会 (エコシステム(生態系)) を作ること、を目指します。

なおこのToCでは、最もきびしい状態におかれてしまった多胎ママに注目し、その状態や行動がどのように変わっていくのかを描いています。もちろん、例えば実家等の支援を得られ、そこまできびしい状態にはない多胎ママも多くいらっしゃるかもしれません。しかし、NPO法人つなげるは、最もきびしい状態の多胎ママに寄りそったToCを描き、その達成を目指すことで、すべての多胎ママが適切な支援を得て自立できるような社会が実現できると考えています。

 

より詳細な情報を記載したToC完全版がこちら

今後NPO法人つなげるはこのToCに基づき、様々な状態の多胎ママに支援の手を差し伸べることで、究極的に「誰もが命の誕生を当たり前に喜べる社会を実現する」ことを目指して活動を続けていきます。その中ではToCの各段階に示された社会の状態(途中成果)が達成されているかどうかに関してデータを収集し、定量目標を設定して私たちの活動の意義(社会的インパクト)を統計分析により定量的に明らかにしていく予定です。

このToCは英訳も進めています。英語版が完成した際にはToCJホームページ(https://www.theoryofchange.org/library/toc-examples/)にご掲載頂く予定です。日本発の多胎支援事例を、グローバルに発信いたします。

 


 

ToC作成にあたって、ご尽力くださった3名の方よりコメントを頂戴しています

 

多くの人がSDGs(持続可能な開発目標、Sustainable Development Goals)を目にし、社会課題解決に向けた機運は格段に高まっているといえるでしょう。しかし、どうすれば課題を解決できるのか、その道筋は明確ではありません。真の課題は何なのか、どんな活動をすれば解決に近づくのかを一番理解しているのは、現場で実際に課題解決に奮闘している方々です。しかし、そうした方々は往々にして日々の活動に追われ、解決に向けた道筋を可視化して他の人に伝え、支援の輪を広げていくことが難しい状況にあります。

こうした状況を改善しうる、非常に有効なツールが「セオリー・オブ・チェンジ」(TOC)です。この変わった名前のツールに私が初めて出会ったのは、起業だけでなく社会変革の先進地でもあるシリコンバレーでした。様々な非営利団体が生まれ、多くの人々を巻き込み成長していく仕組みが出来上がっているその地で、社会課題の解決に資する金融、すなわちソーシャル・ファイナンス(インパクト・ファイナンス)に研究領域を広げようとしていた際に、成功団体のグッドプラクティス(必勝法)としてTOCが紹介されているのを知りました。

日本に帰り、その真価の程を理解しよう、と始めたのがつなげるTOCです。縁あってNPO法人つなげると繋がり、田辺さんにお話を伺い、学部ゼミの中での実践が始まったのが2020年4月でした。ゼミでのプロジェクトは学生の力作とともに8月で終了しましたが、本格的に作成すべきだと皆が思い、団体側で引き取り、その後半年をかけて、つなげるTOCは完成しました。その後、より多くの人に理解してもらうための桑畑さんによるデザイン化を経て、この度晴れて、インフォグラフィック版のリリースとなりました。その過程で私もつなげるの活動に深く関わるようになり、理事に就任するまでになっていました。

学術研究でも同様ですが、社会課題の解決において最も難しいのは、真の課題の特定と可視化だと言えます。TOCによる可視化は、課題解決に取り組む内部の人たちの意思疎通を容易にし、資金を始めとする外部の様々なリソース獲得を容易にします。つなげるTOCにより、困難を抱える多くの多胎家庭の課題が解決されるとともに、TOCの有効性が広く認識され、様々な社会課題に関するTOCが生まれることを願ってやみません。

 

今回のToC作成のファシリテーターを担当し、大変光栄です。参加者のお話の聞き役、そして壁打ち相手を担うことで、場の力が引き出され、合意形成への貢献を終始目指しました。多胎育児という複雑かつ深刻な社会課題は、まだ日本で広く認知されておらず、いわば暗黒大陸のようにも思えます。そこに光を注いでToCで課題解決の因果関係を可視化しようと約一年間試行錯誤の日々でした。

オンラインで対話を重ねてToCが完成すると、次に日本医療デザインセンター代表の桑畑さんにご相談し、ToCのデザイン化が実質約4ヶ月で完了しました。デザイン化されたToCは英訳され、海外でも発信される予定です。すなわち、NPO法人つなげるの方々が、ToCという経営の骨子の考え方に加えて、デザインの力を獲得し、世界にも取り組みを発信する機会を得ていただければと考えております。

ToCという無形資産を得ることで、寄付募集や助成金申請、人材採用等に活かせます。ふと現場で自分を見失いそうになっても、ToCで立ち返れます。NPO法人つなげるの方々がToCを通じてぜひ多胎育児という社会課題に取り組む仲間を多く増やされますことを願ってやみません。

———-
一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ(ToCJ)(東京都)について
http://www.theoryofchange.jp

社会課題の解決を目指す事業の経営の世界的方法論であるセオリー・オブ・チェンジ(ToC)の作成支援や研修、研究を行う。ToCコンサルティング会社であるアクトナレッジ(米国、ニューヨーク市)の日本法人として2017年4月に創業。アクトナレッジは世界銀行、ユニセフ、オックスファム等へのToC導入で豊富な実績を誇る。アクトナレッジの双子の組織として、NPOのセンター・フォー・セオリー・オブ・チェンジがあり、後者は非営利でToCの研究や普及啓発を行なう。非営利団体であるToCJは世界の知見を活用しつつ、日本国内の社会事業や医療機関等の実践者の方々が確実に、そして優れたToCを作成できるよう日本に根ざした支援を行っている。
———-

 

NPO法人つなげるのToCをビジュアライズ(可視化)することによって、二つの成果を生み出すことができると考えました。

一つ目は、これまで関係者が議論を重ねて紡いできた言葉を、より魅力的によりわかりやすく発信できるようにすること。二つ目は、ビジュアライズ(可視化)することによって、関係者の中で新たな発見やアイデアが生まれ、ToCがより鮮明に力強いものになること。おそらく、一つ目の期待から今回のビジュアライズ(可視化)をご依頼いただいたと認識しておりますが、理事の皆さんの素晴らしい姿勢と取り組みによって、二つ目の成果が想像以上のものになったと考えます。

多胎児の育児で悩まれている方たちは、国内の人口の割合からしたら少数派かもしれません。しかし、その一人ひとりに本当に貢献したい、そしてその人たちに貢献することが多胎児の保護者だけでなく、究極成果に掲げた『誰もが命の誕生を当たり前に喜べる社会を実現する』ことを信じて紡ぎ出した結晶だと感じております。

今回のビジュアライズ(可視化)がゴールではなく、NPO法人つなげるに関わる皆様の羅針盤であり、そして本当のスタートになれば、関わらせていただいたデザイナーとしてこれ以上の喜びはありません。

 

命の誕生を当たり前に喜べる社会へ

『命の誕生を当たり前に喜べる社会であること』というのが、私が最終的に目指していることです。そのためには、いま生きている私自身・自分自身が、この社会で生きていることに対して、自分の存在自体を喜べることが必要です。そして、それがあって初めて、産まれてきた子どもたちに対して「産まれて、ありがとう」って思えると考えています。

その中で、『育児を、みんなで育てよう』というのを合言葉に、ママ・パパ、企業・行政など「みんなで育児を育てていこうよ」って前のめりになってくれる人たちといっしょに、活動を進めていきたいなと思います。

 

◎毎月1,000円〜継続的に応援していただけませんか。
ご寄付はこちらから → https://congrant.com/project/tsunageru/3619

◎つなげるの活動の様子を月に1回メルマガで配信しています。
ご登録はこちらから → https://bit.ly/31MFi0A