About usわたしたちについて

わたしたちは、子育て家庭と社会の
“つながり”をつくる活動をしています。

双子・三つ子(多胎)育児の当事者であるママ・パパや支援者が、常に入れ替わるというのが、
多胎育児環境の成長を阻害していました。私たちNPO法人つなげるが取り組んでいることは、
『そこに』とどまり続けることです。

現在(いま)困っている人たちが
いることを決して忘れない。

そしてその人たちの声を聴きつづけて、常にそこにとどまりつづけて、当事者が入れ替わらない
場所を保ち続けるための活動をしています。

interview

代表者インタビュー

命の誕生を
当たり前に喜べる社会へ

『命の誕生を当たり前に喜べる社会であること』というのが、私が最終的に目指していることです。そのためには、いま生きている私自身・自分自身が、この社会で生きていることに対して、自分の存在自体を喜べることが必要です。
そして、それがあって初めて、産まれてきた子どもたちに対して「産まれて、ありがとう」って思えると思います。

その中で、『育児を、みんなで育てよう』というのを合言葉に、ママ・パパ、企業・行政など「みんなで育児を育てていこうよ」って前のめりになってくれる人たちといっしょに、活動を進めていきたいなと思います。

NPO法人つなげる 代表理事 中原美智子

3人の男の子の母(次男・三男が双子)
日本で唯一の6歳未満が2人同乗可能な三輪自転車『ふたごじてんしゃ®』を発案。多胎育児の環境をよりよくするため、NPO法人つなげるを2018年に設立。社会福祉士、㈱ふたごじてんしゃ代表取締役、日本多胎支援協会 理事。

命の誕生を当たり前に喜べる社会へ

『命の誕生を当たり前に喜べる社会であること』というのが、私が最終的に目指していることです。そのためには、いま生きている私自身・自分自身が、この社会で生きていることに対して、自分の存在自体を喜べることが必要です。
そして、それがあって初めて、産まれてきた子どもたちに対して「産まれて、ありがとう」って思えると思います。

その中で、『育児を、みんなで育てよう』というのを合言葉に、ママ・パパ、企業・行政など「みんなで育児を育てていこうよ」って前のめりになってくれる人たちといっしょに、活動を進めていきたいなと思います。

interview

団体概要

名称 特定非営利活動法人 つなげる
設立 2018年6月
所在地 兵庫県尼崎市
代表理事
中原 美智子
社会福祉士、株式会社ふたごじてんしゃ 代表取締役、日本多胎支援協会 理事
理事
大野 祐一
尼崎市創業支援オフィスアビーズ インキュベーションマネージャー、双子ではない2児のパパ
土屋 早苗
ワーキング双子ママ
嶋  隆一
広告(紙、Web、動画、売り方)制作プロデューサー、双子パパ
各種資料
media

メディア